DMM FX 取引単位

fxの取り扱い単位とは

 

fxで取引できる取引単位というのはfx業者によっても異なるし
通貨ペアによっても異なります。

 

取扱い単位がどこに影響を及ぼすかというと、運用資金と関連
します。

 

例えば、取引単位が10000通貨と円ドルが100円とすると取引を
行うのには100万円が必要になります。

 

証拠金が10万円しかない場合、レバレッジがすでに10倍となり
この時点でハイレバレッジの取引となります。

 

最大レバレッジが25倍ですのでまだ他のポジションを持つことは
可能ですが、かなり危険な取引となります。

 

これに対して、同じ証拠金でも取引単位が1000通貨であった場合
必要な資金は10万円となりレバレッジも1倍となりまだまだ余裕
があります。

 

取引を分散したほうが安全

 

fxのようなハイレバレッジの取引は、1つの取引で全資金を投入
するよりもいくつかの取引に分散したほうが安全です。

 

すなわち、10000通貨の取引を1回行うよりも1000通貨を10回の
ほうがリスクは低く安全です。

 

ですのでfxの初心者で充分な運用資金がない場合は、取引単位
が小さいfx業者を選んだほうがベターです。

 

では、dmm fxはどうかというと残念ながら10000万通貨単位です。

 

dmm fxはトータルバランスに優れた人気のfx業者ですが、
取引単位のメリット・デメリットは理解して取引をすべきでしょう。